ドナルド・キーン・センター柏崎

  • センターからのお知らせ
  • ドナルド・キーンからのお知らせ
3月10日(金)~ 8月6日(日)
企画展「ドナルド・キーンに宿った「センセイ」 恩師、角田柳作の志」/詳しくはこちら
2017.7.18
講演会 開催のお知らせ「交遊45年 ドナルド・キーンを語る」
リリースチラシ
2017.4.19
「巡回展」開催のお知らせ
リリースご案内チラシ
2017.4.17
企画展関連講演会 開催のお知らせ
『源氏物語』が繋いだアーサー・ウエーリ 角田柳作 ドナルド・キーン ロイヤル・タイラー
企画展特設サイト開催のお知らせ(PDF)チラシ(PDF)
2017.4.14
キーン先生 サイン会のお知らせ
2017.2.14
ドナルド・キーン・センター柏崎 春の開館及び企画展『ドナルド・キーンに宿った「センセイ」恩師、角田柳作の志』、関連講演会開催のお知らせ
企画展特設サイト企画展及び関連講演会のお知らせ(PDF)島内景二氏講演会チラシ(PDF)
2016.12.1
講演会 開催のお知らせ
アメリカの大学生が演じる歌舞伎「忠臣蔵」~舞台裏と公演の秘話~
PDFチラシ
2016.7.19
ドナルド・キーン・センター柏崎開館三周年記念特別講演会開催のお知らせチラシ
後期特別企画展「ドナルド・キーン 石川啄木の日記を読み解く 最初の現代日本人」展開催のお知らせチラシ
2017.4.7
Carmen Blacker (SCHOLAR OF JAPANESE RELIGION,MYTH AND(2017))に、"Remembering Carmen Blacker" が掲載されています。
『和楽』(小学館)2・3月号(1月1日発売)に、連載「鬼怒鳴門日乗」で、『新春、無量寺に思う』が掲載されています。
『和楽』(小学館)4・5月号(3月1日発売)に、連載「鬼怒鳴門日乗」で、『骨董品との出会い』が掲載されています。
「MOSTLY CLASSICモーストリー・クラシック」4月号(2月20日発行)に、『オペラ人、プラシド・ドミンゴ~この歌手と同時代を生きているという幸福~』が掲載されています。
「日本―喪失と再起の物語(下)」デイヴィッド・ビリング著、仲達志訳(2月25日発行)に、帯(推薦文)を書いています。
「東洋大学 現代学生百人一首の30年「(朝日新聞出版、4月10日発行)に、『自由な空気のなかで短歌を詠み、楽しめる世界を』が掲載されています。
小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト15 ビゼー:歌劇「カルメン」のプログラム(3月発行)に、『≪カルメン≫ の思い出』が掲載されています。
「存在者 金子兜太』黒田杏子編著(藤原書店)の帯に、推薦者として掲載されています。
2016.12.26
11月25日発行『混沌と抗戦(三島由紀夫と日本、そして世界)』(国際三島由紀夫シンポジウム記念論集:水声社)に「“没後四十五年「棹友」対談” ドナルド・キーン×徳岡孝夫」「“三島由紀夫の面影” ドナルド・キーン×宮本亜門」が掲載されています
「MOSTLY CLASSICモーストリー・クラシック」1月号に「私の魂を揺さぶるベートーヴェン~「フィデリオ」「エロイカ」のことなど~」が掲載されています
「週刊朝日」12月23日号「追悼2016心に染み入る別れの言葉」に、<中村紘子さんへ:9月12日、東京・サントリーホールでの偲ぶ会で「音楽にまじないをかけて伝えてくれた」>が掲載されています
「中央公論」1月号「私と中央公論」で、<六〇年の月日と終生の友人たち>が掲載されています
「kotoba」季刊誌2017年冬号で「日本人の戦争と平和 [対談]ドナルド・キーン×久邇邦昭」が掲載されています
「紙の春秋~著名人が描く紙のある風景~」(日本製紙連合会)で「心は、一枚の紙”」が掲載されています
CD「中村紘子 フォーエバー~モーツァルト・ピアノ協奏曲第24番ハ短調~」(株式会社ドリーミュージック)に、追悼文を寄稿しました